パワースポットの妙義神社にやって来ました

榛名神社や赤城神社に参拝して、妙義神社に顔を出さないわけには行かないので、やってきたのがここ富岡市妙義町の妙義神社!

榛名山、赤城山、妙義山は上毛三山ですからね。

ここもB級スポットというよりは、群馬のパワースポットとなるでしょう。妙義神社は国指定重要文化財になってます。とにかく彫刻がご立派!

この日はお守りを売っていた場所は一箇所でした。買うか迷ったけど結局妙義神社のお守りは買いませんでした。おみくじも引かない。純粋に欲張らずにお賽銭をあげて願い事をお参りしただけです! 欲張らずに願い事は一つ。

妙義神社の碑と入口
妙義神社の碑と入口の画像

妙義神社の境内は、上部の神域と下部の旧寺域に分かれてます。

下記の写真、不思議と上り坂にも下り坂にも見えるのは私だけ?

妙義神社に続く石道(総門)
妙義神社に続く石道(総門)の画像

高さ12メートルの関東一の壮大な妙義神社の総門。国指定の重要文化財です。総門までは結構な急坂で体力不足を感じて疲れましたね(泣)。

関東一の壮大な妙義神社の総門
妙義神社の総門の画像

この場所は右に御札所。御本社に続く案内版では、まだまだ入り口付近。ちなみに妙義神社は白雲山(妙義山)の中腹にあります。

妙義神社の御本社に続く案内版
妙義神社の御本社に続く案内版の画像

妙義神社からも妙義山の登山コースに入れます。ただし妙義登山はなめてはダメ!危険な登山道が複数あり、滑落して死者もたくさんでています。

妙義山登山案内看板(上級者・一般コースあり)
妙義神社の画像

御本社に続く鳥居が見えました。 妙義神社は参道や境内にある大木、樹齢200年余りのしだれ桜が綺麗に咲くことでも知られています。今回はちょっと時期外れが残念!しだれ桜はかなり綺麗らしいっす。

妙義神社の鳥居
妙義神社の画像

社殿は妙義神社の旧本殿とのことで、県の重要文化財になっている。波己曽社左の弁天池には錦鯉がのんびり優雅に泳いでました。

妙義神社の波己曽社(はこそしゃ)
妙義神社の波己曽社の画像

ここまで来て水戸黄門の歌ではありませんが、「人生楽ありゃ苦もあるさぁー♪」の二股にさしかかりました。

脇参道があり、妙義神社の御本社に続く道が選べます。脇参道の方が楽に参拝とありますが、自分は苦をチョイスして階段をのぼり参拝! 苦を選んだからと言って別にそれ程たいしたことでもないけどね・・・。

妙義神社御本社に続く脇参道
妙義神社脇参道の画像

妙義神社から振り返って見た景色がこれ。上から見ると結構、勾配がキツイ。そりゃーはぁはぁ疲れるわけだよ!

妙義神社から振り返って見た景色
妙義神社景色の画像

スポンサードリンク

参道のしだれ桜がキレイな妙義神社の御本社本殿

唐門をぬけて、やっとこさっとこ妙義神社の拝殿に辿り着きました。

感じたのは本殿の板壁部の彫刻の素晴らしさ!職人技がとくに光って見える龍には感激。 昔の職人さんはマジで凄いと感じる。

龍の彫刻だけでなく、鶴の彫刻や鷹にとんび、脇障子の竹林に七賢人も見ごたえあります。まーよく彫ったものだと感心しますよね。

妙義神社の本殿、幣殿(へいでん)、拝殿
妙義神社の本殿の画像

妙義山の登山ルートには、白雲山ルート、タルワキ沢〜相馬岳ルート、石門めぐりルートがあります。ちなみに最高峰は表妙義の相馬岳。

妙義山登山道入り口(大の字、白雲山頂コース)
妙義山登山道入り口(大の字、白雲山頂コース)の画像

妙義神社(聖徳皇太子の石碑)
妙義神社の画像

妙義神社の社務所。ここで標高が476メートル。

妙義神社のパワースポットで有名な場所が樹齢500年の3本杉に囲まれた三角形の空間だと言われてます。 知ってる人はここに立ち寄ります。

妙義神社の社務所
妙義神社の画像

江戸時代に建立された妙義山の大の字。

大の字の「大」は、妙義神社の妙義大権現を省略した「大」で、昔は神社にお参りできない村人や旅人が「大の字」に手を合わせお参りしていたと言われます。 白雲山の中腹にある「大の字」の大きさは、妙義町HPの観光案内によると、高さ、幅ともに約5mになってますね。そこそこデカいわ!

妙義山の大の字
妙義神社の画像

妙義神社のアクセス
住所:群馬県富岡市妙義町妙義6
境内参拝:無料
宝物殿・御殿(旧宮様御殿)見学:大人・中学生以上は200円、小学生は100円(尚、団体割引あり)

妙義神社の場所と地図

スポンサードリンク

群馬県B級スポット
桐生市B級スポット