棚下不動の滝(雄滝)は日本滝100選の一つです!

渋川市赤城町にある棚下不動の滝(雄滝)は日本滝100選の一つ。 滝の真裏から見える珍しい裏見の滝としても知られ、棚下不動雄滝(落差37m)と雌滝(落差40m)の2滝が流れ落ちているのが見えます。

永井食堂経由で棚下不動の滝にやって来た

棚下不動の滝に来るのは今回で二回目。 前回は一昔前に来て、今回も前回訪れた時と同じコースにちなんで渋川のB級グルメである永井食堂のもつ煮定食を食べてから棚下不動の滝にやって来た。 永井食堂はテレビの影響もあり相変わらずの大盛況!もちろん盛りも大盛況!土産の永井もつっ子も飛ぶように売れていた。 混んでいても回転が速いのが永井食堂の良いところ。

永井食堂の味は昔より落ちた?!って最近よく聞くけど、それは味が落ちたのではなく、昔より皆の口が肥えたのだと自分は思っている。 永井のもつ煮定食はたまに食べると柔らかくてやはり旨いと思った!

県道255号線沿いの棚下不動の滝入口
棚下不動の滝入口画像

入口にあるこの大きな飛石は、東日本大震災の影響で崩れ落ちてきた巨岩。 前橋の岩神の飛石よりは小さいけど、負けるとも劣らない大きさの岩です。 ここは見ての通り、決して穏やかな場所ではないと言う事。

棚下不動の滝入口にある崩れ落ちた巨岩
棚下不動の滝にある崩れ落ちた巨岩の画像

県道255号線を入ったところには駐車場スペースがあり、地震で崩れ落ちた巨岩と小さな鳥居、案内板があります。 ここから棚下不動滝までのトイレが完備された参道が続きます。残念ながら参道に土産屋や蕎麦屋はなし!

棚下不動滝入口鳥居と案内図
棚下不動滝入口鳥居画像

棚下不動堂に向かう参道途中から見える利根川と雄大な景色。 雄大な景色ながら高所恐怖症の小生は遠くしか見れない。

棚下不動の滝途中から見える利根川と景色
棚下不動滝手前の利根川の景色画像

棚下不動尊手前の手水舎で清めてから棚下不動堂で手を合わす。 今回の無事とありきたりなことを願っておいた。

ここから先は大震災の影響で岩が崩れ道が崩落していました。 従って棚下不動滝までは立ち入り禁止で行くことが出来ません。 今回は完全に自己責任で横から回り込むように棚下不動滝へ向かいました。

棚下不動堂と立ち入り禁止看板
棚下不動堂と立ち入り禁止看板の画像

スポンサードリンク

珍しい裏見の滝として知られる棚下不動の滝(雄滝)

棚下不動奥院まで続く参道の石段は東日本大震災の影響で、崩れ落ちてきた巨岩にものの見事に道が塞がれています。 一昔前に来た時とまったく別の光景に驚き! 巨岩の横からスルリと抜けて不動奥院まで向かったが、今地震が来たら・・・そんなことが一瞬頭をよぎった。

東日本大震災で崩れ落ちた巨岩群
東日本大震災で崩れ落ちた巨岩群の画像

とりあえず無事に棚下不動の滝(雄滝)に現着。 心なしか以前より落ちる水の量が少ないと感じる。いや少ないな、前はもっと落ちていたと思う。

まだまだ精神的な修行が足りないので、滝に打たれて滝行を行うには丁度良さそうな水量なんだけど・・・ね。

棚下不動の滝(雄滝)
棚下不動の滝(雄滝)画像

日本滝100選に相応しい棚下不動滝の見事な裏見滝。 滝を囲むように空洞が広がり、石仏や棚下不動堂奥院があります。

後ろの洞窟と棚下不動の滝(雄滝)
棚下不動の滝画像

画像のように通常の裏見の滝より裏側が広くなっています。

岩盤なので修復は難しいと思うけど、裏見の滝としては最高のスポットだと思うので、参道を整備して安全に来れるようにしていただきたいと思います。

裏見の滝(棚下不動の滝)
裏見の滝(棚下不動の滝)画像

帰り際に見た棚下不動のもう一つの滝、落差40mの不動の雌滝は水不足の影響か極端に水量が少なかったです。

今この時間に起きてもおかしくない地震、棚下不動滝は確かに危険な場所であることは間違いありません! 滝周辺の簡単な動画を撮ってきましたので、よろしければ動画で行った気分になってみて下さい。

危険を知らせる看板(棚下不動の滝)
危険を知らせる看板(棚下不動の滝)画像

スポンサードリンク

場所:棚下不動の滝(雄滝)
住所:群馬県渋川市赤城町棚下付近
見学:無料(2016年現在立ち入り禁止区域)
駐車場:あり

棚下不動の滝の地図とアクセス

群馬県B級スポット
桐生市B級スポット