発酵バターで有名な神津牧場へ行って来ました♪

有名なゴールデンバターや濃厚なジャージー牛乳から作る飲むヨーグルト160円がある大自然の神津牧場へ行って来ました。

神津牧場は駐車料金も入場料金もすべて無料で楽しめるスポット。 尚、バター作りは別途600円、乳しぼりは別途300円で体験も楽しめます。

また宿泊ができるロッジがあり、売店の人に聞いたら宿泊料金は1泊2食付で大人が6200円、子供が4600円。 夕食は鉄板焼きを楽しめて、お風呂は得意の牛乳風呂らしいです。手頃な価格ですね。

神津牧場はもちろん、宿泊してゆっくり高坂峠や物見山、物見岩などの大自然の遊歩道を楽しんだり、世界遺産の荒船風穴を見学したりできます。

神津牧場遊歩道案内図
神津牧場遊歩道案内

残念ながら牛は搾乳中でしたので放し飼いの牛を見ることが出来ませんでした。 売店のお姉ちゃんに聞いたら、牛の数は200頭弱が自然の中でのびのびと暮らしているそうです。

自然豊かな神津牧場
自然の中の神津牧場

神津牧場の周辺にも遊べるところが多数あり、大人も子供も自然を体験体感するには良い場所だと思いますね。

神津牧場周辺歩道案内図
神津牧場歩道案内図

スポンサードリンク

神津牧場のソフトクリームは濃厚で美味しい

濃厚のソフトクリームが味わえる神津牧場の売店。ソフトクリームは牛乳の味がそのまま味わえる感じで好きです!

神津牧場の飲むヨーグルトはとろみがあってこれまた濃厚で美味しい。聞いたらジャージー牛乳から作られているようです。 ココで飲めば10円安い160円、下仁田の道の駅では170円で売ってました。輸送原価が10円と言う事かぁ!? その他にもチーズやバター、アイスクリームが売ってます。

ソフトクリームが味わえる神津牧場の売店
神津牧場売店

この日は野鳥のさえずりは聞けませんでしたが、神津牧場の周辺にはたくさんの野鳥がいるようですね。

神津牧場周辺にいる野鳥
神津牧場周辺にいる野鳥の看板

牛舎らしき建物があちこちにあります。

そう言えばここは明治20年に開園された日本で最初の西洋式牧場なんですよね。 売店には天皇皇后両陛下の写真が飾ってありました。

神津牧場の牛舎
神津牧場牛舎

そう言えば神津牧場は昔、中村メイ子さんの旦那さんの神津善行さんの実家と聞いたことがあったけど、噂であって実際は無関係のようですね。 人の噂はやっぱ鵜呑みにできないし、信用もできない!やっぱり自分で確認しなくちゃね。教訓、教訓!!

ちなみに神津牧場のオーナーは、長野県出身の神津邦太郎さんという人らしいっす。

神津牧場の山羊
神津牧場山羊

牛ではなく神津牧場の山羊。100円自販機のエサがあるので山羊は期待している感じ。 でも残念、こまかい小銭がないのでゴメン、また次回ねッ!

神津牧場のひとなつこい山羊
神津牧場の山羊画像

神津牧場のうさぎちゃん。慣れているのか人懐こい!

神津牧場のウサギ
神津牧場ウサギ

神津牧場のお土産は、神津バター飴とジャージー牛乳ドーナツ(20g増量)にしました。 バター飴は砂糖らしきものにコートされて美味です。小袋の牛乳ドーナツは小腹がすいた時に丁度好し。

神津牧場のお土産
神津牧場お土産画像

帰りに見えた荒船山、荒船山は日本二百名山のひとつ。 山の形が荒波に進む船のように見えることから荒船山となったようです。

また、荒船山は2009年に「クレヨンしんちゃん」の原作者、臼井儀人さんが転落した場所としても知られています。

遠くからは真っ平らに見える荒船山
荒船山

神津牧場のアクセス
群馬県甘楽郡下仁田町南野牧250
電話:0274-84-2363
営業:AM8時〜午後5時まで
料金:入場料・駐車場も無料
乳しぼり:300円

神津牧場の場所と地図

大きな地図で見る

スポンサードリンク

群馬県B級スポット
桐生市B級スポット