島村渡船場は伊勢崎を流れる利根川にあります

田島弥平旧宅の観光とセットで楽しめる島村渡船(しまむらとせん)。伊勢崎を流れる利根川を渡す渡船です。 しかも乗船料金が無料も嬉しい!

島村渡船の場所は田島弥平旧宅の目と鼻の先にあり、利根川でも川幅が広いところにあります。 この時期の運航時間はAM八時半からPM五時まで。

島村渡船場は江戸時代から始まったと伝えられ、平成24から伊勢崎市に移管され、今は伊勢崎市で運航管理を行っているようです。

渡し船に乗るのは柴又近くの千葉と柴又を渡す江戸川の矢切の渡し以来。楽しみです。

島村渡船場
島村渡船場

おっと島村渡船場に来たのに渡し船が見えない。向こう岸を見ても船の姿が見えない。 船はどこだ?目を凝らして友人と真剣に船を探す。

島村渡船場船着き場
島村渡船場船着き場

看板をよく見ると、船を呼ぶにはポールに旗を立てろと書いてあります。 たぶん船と船頭さんは向こう岸にいると思われるので、黄色い旗を立てて、私たちは埼玉側でしばし待機。

向こう岸からゆっくりこちらに向かって船が来た。

島村渡船場の看板
島村渡船場看板

小さ目な船が向こう岸からこちらに向かってゆっくり利根川を渡って来ました。 ちょっと感動。本日は風がなく穏やかな利根川です。

向こう岸から船が来ました
島村渡船場

船頭さんがお待たせしましたと言い、手前にいたら船をちゃんとこちらに寄せてくれました。 待ってましたぁ〜って感じです。

優しそうな船頭さんです
島村渡船場船頭

スポンサードリンク

島村渡船は自転車も一緒に運んでくれます

この船は最大搭載人員9人の島村9号。 それに島村渡船では自転車も荷物も運んでくれるんですね。

救命胴衣をつけていざ出発しようとしたら、自転車の二人組が来ました。 島村渡船は自転車も一緒に向こう岸まで運んでくれるんですね。

島村9号は最大搭載人員9人です
島村渡船場島村9号

乗客がたったの4人なので船頭さんとの会話を楽しめました。

この辺りの利根川の水深は2〜3メートルくらい。 ただし利根川の水位が低くなることがあり、水位の状況によっては運休らしいです。

また、観光のピーク時には数時間待つこともあるらしい。その意味からすると本日の私たちはラッキーなんですよね。

向こう岸まで島村9号が発進です
島村渡船場

船と船頭さんが黄色の旗を上げてからなかなか来なかったのは、向こう岸に小屋があり、その小屋が川から離れているので、チャリンコで船まで移動するのに時間がかかった模様。 実際に小屋を見て遅れた理由にも納得。

島村渡船場の向こう岸
島村渡船場向こう岸

利根川の遊覧を楽しんだ最後に船頭さんが記念にと島村渡船の乗船証明書をくれました。

島村渡船場で乗船証明書
乗船証明書

世界遺産田島弥平旧宅の看板。 看板を見てもらえばわかると思いますが、田島弥平旧宅と島村渡船場はすぐ近くです。 島村蚕のふるさと公園には大きい駐車場もあります。セットで楽しむのがおすすめです。

田島弥平旧宅と島村渡船場の看板
島村渡船場の看板

島村渡船アクセス
伊勢崎市境島村
運航料金は伊勢崎市道のため無料

島村渡船の場所と地図

大きな地図で見る

スポンサードリンク

群馬県B級スポット
桐生市B級スポット