赤城山が見える伊勢崎市の国定忠治のお墓

赤城山が見える国定忠治のお墓に行って来ましたのでレポートします。 入り口の看板には国定忠治のお墓と遺品陳列所があると書いてあります。入口の桜がキレイに咲いてました。満開だな。

ここは国定忠治の生れ故郷である昔なら国定村。現在は伊勢崎市国定町になりますが、養壽寺の隣には葬儀場がありました。

天台宗金城山養壽寺
天台宗金城山養壽寺

入ってすぐ右には天台宗金城山養壽寺の住職が住んでいる感じの古そうな家屋があります。 庭もよく整備されてます。庭の掃除でレレレのオジサンが頭をよぎった。相変わらず・・・乏しい脳です。

住職が住んでいるとみられるお家
養壽寺住職のお家

入って目の前には立派な養壽寺の本堂がありました。

天台宗金城山養壽寺の本堂
天台宗金城山養壽寺

天台宗金城山養壽寺の本堂
養壽寺の本堂

養壽寺の右横に国定忠治の遺品館があったのですが、残念ながら鍵がかかっていて見ることができませんでした。 いつ解放されているのだろうか?ちなみに説明はなし。

国定忠治の遺品館
国定忠治の遺品館

お墓の入り口には国定忠治八木節祭記念碑が奉納されてます。これもご立派!地元の八木節保存会が建てたようですね。

奉納された八木節記念碑
八木節記念碑

スポンサードリンク

長岡忠治之墓と国定忠治のお墓が隣り合わせ

さらにご立派な「長岡忠治之墓」。長岡は国定忠治の本名。 明治42年12月に長岡利喜松、波三郎、石次郎により建立されてます。

長岡忠治のお墓
長岡忠治之墓

長岡忠治之墓の隣に囲いされた国定忠治のお墓があります。 国定忠治らしい地酒の赤城山(近藤酒造)が供えてありました。 お酒と国定忠治は何だかマッチするなぁ〜。

囲われている国定忠治のお墓です
囲われている国定忠治のお墓

国定忠治のお墓が囲われているのには理由があって、現在は墓石の保護のために囲いがしてあります。

何でも一時期ギャンブラーの好きな人が全国からここを訪れ、国定忠治の墓石を削って肌身につけると賭けごとに強くなるという逸話があったとか。 だから削られてなくなってしまう前に囲いを設けたみたい。

でも忠治が関所を破ったように、囲いも低くてすぐに破れそうです。

囲われている国定忠治のお墓
国定忠治のお墓

忠治のお墓の前には賽銭箱もあります。 賭け事にご利益があるのかな?

国定忠治のお墓
国定忠治のお墓

囲いには鍵はかかっていません。

後ろから見た国定忠治のお墓
国定忠治のお墓

後方から見た忠治のお墓です。左側には赤城山が見えます。

延命地蔵尊
延命地蔵尊

養寿寺境内には椎名庄次郎さん寄贈の延命地蔵堂があります。延命地蔵堂の内部には延命地蔵尊が鎮座していましたが、こちらも鍵がかかっていてお参りできませんでした。

国定忠治のお墓(養寿寺)アクセス
群馬県伊勢崎市国定町1丁目1247
最寄りの駅は国定駅です

国定忠治のお墓の場所と地図

大きな地図で見る

スポンサードリンク

群馬県B級スポット
桐生市B級スポット