大欅で疣が取れる霊験がある安中市の熊野神社

安中市の熊野神社は疣(いぼ)が取れる神社としても知られています。 熊野神社境内の大欅は市指定の天然記念物。この大欅に祈願すると、イボがとれる霊験がある。 気になる疣があれば、いぼよ消えろー!いぼよ取れろー!いぼよ飛んでけー!ってお祈りをしてみましょう。

スポンサードリンク

いぼ神様に会いに安中市の熊野神社にやって来ました

全国の寺や神社には神や仏の不思議な霊験が存在することはよく聞きますが、ここ安中市の熊野神社には、不快なイボを取ってくれると言う、いぼとり神様やいぼとり地蔵がいると聞いたので遥々やって来ました。

着いたと同時にいぼとり地蔵はどこにいるのだろうともう興味津々!

でも、結局ここにあるのはいぼとり地蔵ではなく、いぼが取れる大欅の神木だった。なんと樹齢は千年以上の大欅。 いかにも魂が宿り、ご利益がありそうな大きな欅の木が熊野神社の境内にありました。

案内板を見ると、熊野神社は永禄2年(1559年)、安中忠正が安中城を築いた時に鬼門守護として建てられたものらしい。 確かに駐車場の前には安中城東門跡の看板があった。永禄は室町幕府で足利義輝や足利義昭の時代だから、古いなぁ〜の思い!

安中城東門跡地の看板と熊野神社入口
安中城東門跡地の看板の画像

熊野神社は明治以前は熊野大権現と呼ばれ、明治初期の廃仏棄釈により熊野神社となっている。 聞き慣れない廃仏棄釈とは、「廃仏」は仏を破壊し、「棄釈」は釈迦(釈尊)の教えを壊すという意味で、僧尼などの出家者や寺院が受けていた特権を廃することを指します。 簡単に言えば神と仏を切り離して、明確にする明治維新後に発生した一連の動きでしょうね。

熊野神社入口
熊野神社入口の画像

熊野神社は国道18号線より一本中に入った安中市中心部側の高台に建っています。 位置的にも安中城の守護神的神社だったことがよくわかった。

熊野神社社殿の案内看板
熊野神社社殿の案内看板の画像

熊野神社の本殿は切妻造妻入、桁行三軒、梁間二間の大きさす。 拝殿は、入母屋造平入、桁行三間、梁間二間で、向拝に向唐破風を出していました。

熊野神社の鳥居と拝殿
熊野神社の鳥居と拝殿の画像

熊野神社の社殿は本殿、幣殿、拝殿からなり、安中市指定重要文化財になっています。 見上げると鳥を中心にした梅や楓などの彫刻も見事です。

熊野神社社殿は安中市の指定重要文化財
熊野神社社殿の画像

スポンサードリンク

樹齢千年以上の大欅がイボとりで知られる熊野神社!

でたぁー!熊野神社拝殿の境内左側に推定樹齢1000年以上の大欅!

大欅は過去に落雷の影響で三分の二ほどが崩れ落ちて、現在は北東の傾いた残りの部分を鉄柱が支えてます。でも神木は大きい!

熊野神社と樹齢千年以上の大欅
熊野神社と樹齢千年以上の大欅の画像

やっぱりいぼとりは本当でした。 この木に祈願すると、疣(いぼ)取りに霊験があるとはっきり書いてある。 とりあえず今は身体にいぼがないので、いぼに関係ないありきたりなことをお祈りしておいた。

熊野神社のイボとり大欅の案内板
熊野神社大欅の案内板の画像

熊野神社の大欅は安中市指定天然記念物。

この大ケヤキは、もとは野後郷(平安期の碓氷郡八郷の一つ)の鎮守であった諏訪社のご神木と云われているそうです。

熊野神社の樹齢千年以上の大けや木
熊野神社の樹齢千年以上の大けや木の画像

樹齢千年以上の大けや木の根元は大きくて迫力満点だわ!

落雷で焼けた熊野神社の大けや木
落雷で焼けた熊野神社の大けや木の画像

とりあえず今は身体に疣はないけれど、仮に醜い疣が出来たら大木の神木にご利益を授かろうと思った。 頭の隅っこに入れておこう!

イボとり神様が宿る熊野神社の大欅
イボとり神様が宿る熊野神社の大欅の画像

イボとり大欅がある熊野神社
住所:群馬県安中市安中3丁目付近
見学料:無料
駐車場:あり

安中市熊野神社の場所と地図

スポンサードリンク

群馬県B級スポット
桐生市B級スポット