浅間隠温泉郷にある薬師温泉旅籠(はたご)

群馬と言えば温泉、群馬の温泉と言えば真っ先に思い浮かぶのが草津温泉や伊香保温泉、四万温泉に水上温泉あたりでしょうか。 群馬の郷土かるた、上毛かるたにも上記の温泉地はしっかり出てきますよね。 やはり群馬を代表する温泉地になるでしょう。

でもですね、温泉大国群馬には、草津温泉や伊香保温泉、四万温泉や水上温泉の陰に隠れているおすすめ温泉も多数あるのです。

その一つが今回行った浅間隠温泉郷にある薬師温泉旅籠(はたご)。 どうですか?タイムスリップしたようなこんな宿は。時代劇のロケに使えそうな感じです。 ここはかやぶき屋根が特徴の古びた温泉宿になります。

タイムスリップしたようなかやぶき屋根です
薬師温泉はたごの画像

浅間隠温泉郷は榛名山の西側に位置しています。 さらに浅間隠山の北麓には3つの温泉があり、湯治場でもある温泉は、温川温泉(ぬるかわおんせん)と鳩ノ湯温泉(はとのゆおんせん)、そして最後に薬師温泉(やくしおんせん)の3つの温泉があります。

いずれの温泉も時間制限があるものの日帰り入浴が可能みたいです。

薬師温泉正面の画像

ここの薬師温泉ですが、受付にいたお姉さんに聞いたら、露天風呂の入浴が午後の二時までだというので、残念ですが今回の入浴は諦めました。

薬師温泉は以前に入浴したことがあり、大自然の中で滝から落ちる水を眺めながらの露天風呂は格別だった記憶が残ります。 機会があれば是非また来てみたい温泉の一つ。 ちなみに親切に教えてくれたバイトのお姉さんは埼玉の高校生だと言ってました。田舎暮らしもなかなかだそうです。

薬師温泉の景色画像

この日は雪が残っていましたが、ここは吾妻川をさかのぼった場所で、秋の紅葉や渓流釣りも楽しめる自然豊かな場所です。

この通り、周りには何もないので、基本的に温泉以外のスポットもほぼ大自然を満喫できる系に落ち着く感じ!

スポンサードリンク

薬師温泉の古びた建物と場所(アクセス)

この日はお風呂には入れなかったけど、お姉さんのはからいで古びたかやぶき建物と古民具を見せてもらいました。 かやぶき屋敷から露天風呂の方を撮った写真です。まさにタイムスリップ、良い景色ですよね!

薬師温泉上から見た景色画像

古民家風の建物の中には土産店があり、土産のお饅頭と食べるためのアイスを購入。 土産店にしてはアイスが100円は安かった。

次回のために薬師温泉の泉質と効能を確認しておいた。 泉質と効能は以下の通りでした。

薬師温泉の泉質はナトリウム・カルシウムの自噴天然温泉で、効能は神経痛や筋肉痛、関節痛などの緩和に加え、冷え性や病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化、慢性消化器病などに良いようです。

温泉:薬師温泉旅籠
住所:群馬県吾妻郡東吾妻町本宿3330-20
電話:0279-69-2422
日帰り入浴は大人1200円、子供(小学生以下)600円

薬師温泉旅籠(はたご)のアクセス

大きな地図で見る

スポンサードリンク

群馬県B級スポット
桐生市B級スポット