吾妻町にある国定忠治の処刑場跡です

赤城の山も今宵限り・・・、この名せりふで有名なのが上州は国定生まれの国定忠治。 その伝説の大親分、国定忠治の処刑場跡が吾妻町に残っているので寒空の中行って来ました。

現在の群馬県吾妻郡東吾妻町大戸には大昔に交通の要所、大戸関所がありました。 大戸関所は長野県は信州街道の要だった場所です。

その大戸関所を破った国定忠治が関所破りの重罰で処刑され、そこに慰霊碑が建てられ今もこの場所に処刑場跡として残っています。国定忠治の刑は有名なはりつけの刑ですよね。 ちなみに処刑場跡の駐車も見学も無料です。

国定忠治処刑場跡の画像

大戸関所は、ここの処刑場跡から草津方面に走って約1キロ離れた場所にあります。 関所跡には門の復元があるだけでとくに見どころはありませんが、大戸関所跡もちょっとしたスポットになっています。 小さいながら駐車スペースもあり、この日も先客の老夫婦が一組いました。

大戸関所の復元にしては作りがかなりちゃちいです。今なら国定親分ではなくても私でも関所破りが簡単にできそうです。

大戸関所跡の画像

当時、この大戸関所は通行手形によって往来の旅人達を厳重に取り締まっていたようです。 ですから関所を破った者は重罪になり、処刑された記録がちゃんと今も残っています。

そしてその中の一人があの国定忠治というわけです。 親分肌の国定忠治は他にも色んな罪を犯してますが、命を奪われるような最も重罪だったのがここの関所破りということです。

さすが忠治は大親分。 国定忠治は子分の仇をとるために手下をひき連れ、大戸関所を破って信州に向かいました。 その後関所破りの罪で手配され、国定忠治が41歳の時にこの地で磔刑に処せられます。 子分の仇というのがいかにも親分肌だった国定忠治を想像できます。

雪が残る国定忠治処刑場跡
国定忠治処刑場の慰霊碑画像

スポンサードリンク

国定忠治と処刑場跡の場所とアクセス

江戸時代後期の侠客(きょうかく)であった国定忠治は、強きを挫き、弱きを助ける渡世人でした。 国定忠治の「国定」は忠治の出生地であり、本名は国定ではなく長岡忠次郎なんですよね。

忠治の生地の「国定」は赤城山南麓の村で、現在の群馬県は伊勢崎市国定町。 当時で言うところの上野国佐位郡国定村ですね。

国定忠治処刑場跡の看板画像

親分だった国定忠治のお墓は伊勢崎市国定町の金城山養寿寺と伊勢崎市曲輪町の善應寺にあります。

博打打だった国定忠治はギャンブル好きな人にとっての神的な象徴であり、博徒だった忠治の墓石を削ってそれを持っているとご利益があると信じられ、その忠治のパワーをあやかる人が多かったようです。 だから、これ以上お墓が削られないように、今ではお墓の周囲が柵で囲われてます(笑)。

国定忠治処刑場跡の場所は、高崎市倉渕町から草津温泉へ通じる草津街道(国道406号)をしばらく走ると右手に「忠治地蔵」の看板があります。 無料駐車場あり。

大戸関所跡(復元)はさらに草津へ向かって大戸交差点の右側に関所碑があります。

スポット:大戸関所跡
住所:群馬県吾妻郡 吾妻町大戸付近
見学:無料
駐車場:あり

国定忠治処刑場跡のアクセス

大きな地図で見る

スポンサードリンク

群馬県B級スポット
桐生市B級スポット